2003同期会・クラス会 ・OB/OG会 

 

 高女四・高一 (十八会)同期会 

 

 戦前、戦後の数年を共に学んだ高女四回生と高校一回生の同期会は5月16日(日)の正午から午後3時まで新宿中村屋の5階のパーティルーム・レザミでもたれた。
 あいにくの雨が降ったりやんだりのお天気でしたが40名が参加しました。
 会場がやや狭かったので40名並ぶことができなかったので写真は2枚になってしまいました。
3時間はまたたく間に過ぎてしまい、来年の再会を約して別れました。 去年から話にのぼっていた150名に案内状を出して行う同期会幹事も年をとって来たので75歳位でやめにしようかなどという話が出ましたが、平均年齢86歳の現在もっと続けたい希望がぞくぞく、でも幹事をする人は大変
 結論は来年の幹事さんにバトンタッチ、十八回だから10月8日に固定された場所に集まって食事に行く案もありました。
 井草高校(創立時府立十八高女と言っていました)と十八回の末永い発展を祈ります。
 


 

 

 

 3期同期会 

 

祝福されて


平成15年8月30日、私達は古希を迎えた記念学年としてご優待され同窓会に出席いたしました。
私たちの学年は、二年ごとに同期会を開いて降りますので、今年は開催の年ではなかったのですが、ご意向を伺ったところ二次会として37名のご参加をいただきました。思いかけず大沢先生にもご参加していただきました。一次会の方である程度お話が弾んでおりましたので面倒なご挨拶や自己紹介はせず、雑談のような形に終始致しました。気分的に気楽だったせいか、大沢先生を囲んで学生時代の知られざるエピソードに花が咲き、楽しいひと時を過ごせました。ただ、両方出席すると費用的に高額になるので一考を要するかとも。
私たちの学年は学級のばらつきはありますが、同期会を楽しみにしてくださる方が多く、お世話の仕甲斐があります。
来年の期日まで、健康に期をつけて過ごしましょうとお開きになりました。

  三期生 藤田菖蒲

 


 

 

 4期同期会 

 

4期同期会   2003年6月1日 


平成15年6月1日天候にも恵まれまして新宿加寿翁にて出席者33名が集い、1年ぶりの交流を温めました。ちょうど60年前に入学した昔少女は今も変わらず元気で、楽しき語り合いました。
十八会幹事一同
 



 

 高校4回B組 

 

高校四回 B組クラス会 


2003年10月20日 吉祥寺第一ホテル


 今年青山千代先生がめでたく米寿を迎えられましたので、お祝いのクラスをすることにしました。会場は先生のお家からあまり遠くない吉祥寺第一ホテル。いつもご一緒だった兵吉先生がいらっしゃらなくて寂しくなりましたが、千代先生はいつもの優しい笑顔で参加してくださいました。
 実を言えば、私たちも今年古希なのですが、米寿の先生の前では洟垂れ小僧のようなもの。それでいて、「このごろ忘れっぽくなってしまって」とおっしゃる先生に、「私たちも同じで−」と首を竦めているのですから、なんとも恥ずかしいお話です。
 先生を入れて18人の集まりは、北海道や名古屋在住の方まで駆け付けてくださってそれは賑やかでした。担任の先生が亡くなってしまわれた同期のほかの組の方にいつも羨ましがられますが、恩師がお元気でいてくださるのは本当に気強くて幸せなことです。

仲田 記
 

 

 

 高校7回E組 

 

高校7回 Eクラス会  2003年11月29日 エノティカ


1年の経つのは早いもので、今年は、会場を旧姓阿部さんが、ナウイお店を選んでくださりフランス料理に舌鼓を打ちました。
 今回は、卒業以来、はじめて参加してくださった方が、お二人いらして各々楽しそうに旧交を温めて見える姿を拝見し、とても嬉しく思いました。
 同じ「東京」という「枠」の中に居ながら、各々の生活条件が異なり、それだけで、つい「欠席」されていた様です。 
一年一年、会を重ねていると、家族の見守りより、本人の体調が悪くて、或いは、食事制限等の為「欠席」された方が、数名昨年より増えて来ていた様で、皆さんも、健康の大切さを今更ながら痛感させられたようでした。
 一時脳梗塞から、リハビリの効果が見られ、回復されたかにみられた方も、今年の寒暖の差の激しさに、又すっかり体調が崩れたとのこと。これからは、一日一日身体に気をつけ、来年の再会を約束しあいました。
 

 

 

 高校8回C組 

 

2003年11月1日  十二庵 紀尾井町


 C組クラス会は毎年行っております。25年前から続いています。今年は紀尾井町の十二庵(会席料理)で行いました。参加者は男性11名、女性8名の計19名でした。この数年この程度の参加者で落ち着いています。(出欠のはがきは47名に配布しました。8名から連絡がありませんでした。)
 若林先生が他界されすでに5年、迷惑をかけた恩師の冥福を祈り会は例年になく盛り上りました。ここ数年参加の無かった大阪在住のガキ大将だった大森君の人物像:クラスのボス的存在、当時男性が女子の半数で何かと劣等感があり、男性全員で女子を困らせたリ−ダ−、3年時サッカー部主将(小柄なゴールキーパー)、卒業後青山学院大ボクシング部、大学卒業後大阪へ、会社役員として活躍趣味として水泳、サーフィン。今年66歳をもって今後の人生設計を考え勇退、趣味に社交ダンスを加える。今年94歳の父が他界、母親の世話で東京に帰るか長男として悩んでいるようだ。クラス全員は東京に帰ってくるのを望んでいるのですが……
 参加者のほとんどがリタイヤし残りの人生を楽しみたいと趣味(俳句、社交ダンス、囲碁、歌等々)に没頭しているようでした。稲葉君が去年心筋梗塞を患った以外は皆元気で学生時代に戻ったようでした。
 来年はぜひ丸亀市瀬戸内海孤島広島に永住した小池君に会い2泊3日の会を実現しようということになりそうです。
 2時間はあっという間に過ぎ全員で記念写真を撮り2次会は歩いて7分の赤坂見附のカラオケへ(遠方の女性2名不参加)ここでは木君の美声を堪能。
 約2時間で一応お開きとし、楽しい会を終わりました。
 その後3次会として西方面へ変える9名(女性1名)で荻窪の居酒屋漁民にて約1時間ここでは大森君と星野君の掛け合い漫才聞くようで爆笑、話が尽きず大森君の提案で小林さん(女性)の青梅の別宅(別荘)で1日中語り明かそうと(大森君の都合次第)全員で約束し全て終わり帰り道につきました。
 例年になく盛り上った今年でした。

代表幹事 小林恒雄

 

 

 

 高校8回D組 

 

2003年3月28日 中野サンプラザ平安の間


 桜も7部咲きで好天の日曜日中野サンプラザ15階平安の間において、恩師福島美恵子先生を囲んで卒業生18名が集い、和気藹藹に楽しい一時を過ごしました。

   (中西記)

 

 

 高校8回B組

 

2003年10月19日 東京大飯店(新宿)


 平成15年10月19日、予報が見事にはずれた「小澤晴れ」の日曜日、東京大飯店に恩師を府県手19名が集合し、旧交を暖めました。当日は、先生の義妹(正子様)も参加してくださり、40年ぶりの再会でした。
先生もまだお達者で、我々を励ましてくださいました。元気なものだけではなく、病気を押して会いに来てくれた人もおり、感動の話が数多く語られ、あっという間に2時間が経ちました。名残を惜しみつつ、「先生がお元気なうちに、温泉旅行をしよう」という話して湧き、プリンスホテルでのお茶会に流れていきました。

    (クラス会幹事:尾崎・奈良・最上・瀬尾)




 

 高校10回F組 

 

2003年10月18日 第一ホテル光が丘


 「燦々会」と名付けられて2回目の1958年卒F組のクラス会が、1年4ヶ月ぶりに、10月18日(土)第一ホテル光が丘で開催されました。
 担任であられた毛利和夫先生もお元気な姿を見せ、21名の賑やかな会合となりました。住所録によれば、F組の卒業生は50名、2名の方が既にご逝去、10名の方の住所が不明となっており今回は、20名の方が出席致しました。
 卒業して45年、人生を折り返したものの、皆さん健康で、円熟味を増し、生活姿勢もポジティブな様子で、45年前にタイムスリップし、会話も大いに弾み、楽しい2時間余でした。
 なお、次回の世話役には、斯波紀夫、長島(旧姓大塚)千早両氏が推薦されました。

      世話役 加藤則雄 大塚幸子
 

 

 

 

 高校10回同期会 

 

2003.8.30

 

 8月30日「ホテルサンルート東京」内の"ティンバ―"にて、10期の同期会を行いました。
 還暦を祝ってご招待いただいた同窓会後に、日本閣で開催してから、4年ぶりのことでした。愛知県や宮城県などの遠方からの出席者もあり、毛利先生、天野先生を囲み45名が集いました。
 皆様そろそろ肩の荷が下りたのでしょうか、なつかしい思い出話や、今後の生活を心豊かに送る法など、時間内に納まらないほど話に花が咲き、笑い声に包まれた和やかな楽しい一時を過ごしました。
 最後に、若やいだ気分で「校歌」を大きな声で歌って終了致しました。

 

 

 

 高校14回同期会 

 

8月30日同窓会の後:京王プラザホテル43F


同窓会と同日に43Fのオリオンにて開催。天野先生を囲み16名の参加。同期で結婚された方もおられ話が盛り上がりました。クラス会はクラス会として、同期のよさが出席者にも伝わり、是非、またこれを期にセッティングしようということになりました。天野先生もお元気で生徒の名前も結構覚えておられ皆感激でした。

                 小島 記
 

 

 

 

 

 高校14回B組 

 

 5年間続いたクラス会を昨年は一休みしていました。今年は「井草会2003同窓会」の計画もあり、5月にクラス会をすることにしました。場所は、同窓会と同じ京王プラザホテルに決め、台風接近の大雨の中、元気な斎藤先生をお迎えして楽しいひと時を過ごしました。
 出席メンバーは、もう少し多いはずでしたが、先生を含めて15名になりました。(浜田君寝坊して間に合わず)。初めて参加の杉浦さん「団地の植栽管理をしてきれいな花や野菜作り」みんなでお裾分けをもらいに行こうか………。その他一人一人が自己紹介をしました。欠席組の中で、磯崎君、この5月より2年間、ボランティアであの大変なヨルダンのアンマンへ行ってしまいました。久しぶりに居場所が見つかった「高橋」君でも今回は欠席でした。毎回出席していたや案口訓、音信普通になり残念。終わりに、「校歌」を歌って、8月30日の同窓会でまた会うことを約束して二次会に行きました。

  平成15年6月10日 角尾龍一

 (幹事:明日川、磯崎、白井、角尾、仲谷、八方、浜田、伊東、岸本、伊藤、須崎、若林、土屋)

 

 

 

 高校14回E組 

 

(2003年12月7日 東京全日空ホテル)
 

 

 

 高校14回F組

 

 銀座「エル」において、午後6時30分より開催21名の参加。ふと会った瞬間、名前が思い出せない人も降り、大笑い。数分で学生時代に戻り、時の経つのを忘れてしまいました。年端みな同じ、気取ることなく、話がつきませんでした。出欠席に関係なく写真を郵送したら欠席者から近いうちに又クラス会を開いてほしい要望が多くあり幹事としてうれしい悲鳴でした。

小島 記
 

 

 

 高校14回G組 

 

 閏年の2月29日(日)、我々昭和37年卒業の3年G組クラス会が、「生誕60周年」と銘打って、開かれました。
 日曜日の午後5時に新宿のサザンタワー39階、富士山が夕闇にくっきり映る部屋で、25名の参加者のもと開かれました。
 記念すべきクラス会ということで、幹事湊の友人である、世界的な二胡奏者の「ジャン・シェンホワ」さんの二胡の演奏がプレゼントされました。再会の喜びとともに、すばらしい二胡の演奏に、参加者一同酔いしれた、すばらしい記念すべきクラス会を開くことができました。
 10年ほど前より、2年に一度のペースでクラス会を開いておりますが、大体22〜23名程度の出席者が有ります。いつも時間があっという間に過ぎてしまい、もう少し、もう少しと後ろ髪引かれる思いで、散会しております。
 今回アンケートをとりましたところ、毎年開いてほしい、と言う意見が半分位あり、また、そろそろ一泊で、近郊の温泉に行きたいとの意見もありました。それらの意見を考慮しながら、その時々の幹事の趣向で楽しいクラス会が開かれることを願っております。

 

 

 高校17回E組 

 

 11月16日(日)からりと晴れ上がったすばらしい天気の中、浜松町の貿易センタービル39階の「東京會舘」に16名が集まりました。(男性10名女性6名で残念ながら西浜先生は都合で来られませんでした)。前回は平成13年、そのときに隔年にしようということになり、今年がそのときになったわけです。今回は初めてという参加者が3名、三須君、与口君、佐藤(旧姓長川)さんです。自己紹介(近況報告)では。特に初参加の3人が39年目の再会ということで、今までの苦労話や楽しかった思い出話に花が咲き、大いに盛り上がりました。ご時世でしょうか、定年前で仕事をやめられた方が数人いました。夫々の生き様を話され、うなずかれる方が多くいました。1時ころから始まった会も3時30分ごろに終了し、二次会へと向かいました。二人女性が帰られ、14人参加。窓の外には東京タワーがきれいに見えました。もうアルコールがかなり回り、寝ている人もおりましたが、ここでも盛り上がりました。隔年ではなく毎年やろうという声も聞かれました。そして、三次会へ。私自身もう何人残っているかわからない状況でしたが、楽しく飲んで語り合ったのは覚えています。すべて終了したのは8時過ぎだったと思います。青春時代の思い出が鮮やかによみがえり、いまだから話せる秘話が飛び出し、アッという間に過ぎてしまった1日でした。再会を期して別れました。翌日は飲み過ぎで大変でした。

 

 

 

 高校18回H組 

 

2003年4月3日(土) かいはら


 マイナス一次会と称して千鳥が淵から会場の大手町でウォーキング。満開の桜を堪能しつつ、中高年らしく周到に事前にカロリーを消費した後、「かいはら」で佐藤先生を囲み歓談。毎回時間が足りないので今回はたっぷり4時間も用意したのだが、19人目の近況報告の終了直後にタイムアップとなった。
 大笑いあり、しんみりあり、友情のすばらしさを再確認したクラス会だった。最後に自然発生的に皆で校歌を斉唱。約30年ぶりなのに歌詞を覚えていた自分たちに乾杯。
 

 

 

 高校23回同期会 

 

 2001年に30年ぶりの再会を果たしてから、3回目の夏がやってきました。
 「また会えた」を合言葉に、懐かしいメロディに耳傾けたり、石神井公園でフォークダンスを踊ったり、私たち23期生は30年後の不思議なハイスクールライフを再開することができました。
 2003年は"Back to '60s"と銘打ちどう機会を開催しました。
 同期の交流を盛り上げるイベントは、伝説のモダンフォークソングトリオPeter Paul and Mary (PPM)の曲目を中心にプログラムを構成しました。同期5人でメンバーを構成し、半年の準備を費やし、当日の演奏はすばらしいものとなりました。
 33年ぶりのお目見えの方やご夫妻での参加の方、ご家族での参加の方と賑やかな会となりました。
美しい音楽と美味しいディナーで同期の方々の歓談の花が大きく開きました。
来年夏も楽しい企画で、開催する予定です。

 

 

 

 高校23回F組 

 
 2003年6月14日に池袋の東方会館で開催しました。官界は担任の桑幡先生に加えて、副担任の三柳先生にもご参加いただき、総勢22名と盛況な会となりました。先生方の元気な姿を見て安心するやら、50歳を超えた同窓のみんなを見てやはり年をとったなーと時の流れを実感するやらでした。卒業してからの32年間を振り返ったり、高校3年間の思い出話に花が咲きました。驚いたのは各自の記憶のいいかげんさで、当時のイベントでのメンバーや各々の発言が食い違っており、まったく別のストーリーが夫々に出来上がっていたことでした。事実は永久に皆の良いイメージとして甘酸っぱい青春の思い出の中に封印しておいたほうが幸せかもしれませんね。

幹事 :井上龍之助
 

 

 

 高校25回同期会 

 

 2003年8月30日、京王プラザでの同窓会後、新宿センタービル地下1階のライオンにて25回卒同期会を開催しました。I組だけ別途クラス会を開催しましたが、参加者の中心は旧E組とF組でした。10年火地味可視という言葉がありますが、30年経ったはずなのについ昨日のような感覚で話が盛り上がりました。この日は時間が経つのがものすごく早い気がしました。2次会、3次会に行ったり、メールアドレスや携帯電話の番号交換をしたり、子供になったようでした。このような楽しい機会を作ってくれた方々に感謝したいと思います。

 

 

 

 高校26回D組 

 

 昭和49年3年D組卒業のクラス会を、平成16年4月17日に新宿センタービル53階東天紅において開催致しました。
 4月の半ばというのに季節はずれの初夏のような陽気に成り、それに誘われたかのように30名もの出席(先生を含めて)をいただきました。
 会は大盛況のうちに終了し、そのまま2次会の会場へ移動しました。なんと、一人もかけることなく30名全員が出席。これあんた大賑わいで3本締めにてめでたくお開きと相成りました。
 まさに幹事冥利に尽きる会となりました。


 

 

 硬式野球部 OB/現役交流会 

 

2003年11月23日 井草高校グランド


 11月23日(日)にOBと現役の親睦を兼ねて硬式野球部OB/現役交流会が開催されました。久し振りに母校グランドで、暖かい日差しの中、午前中は、若手OBと現役でゲーム形式の練習を行いOBの活躍が現役の選手には良いお手本となりました。参加した20人弱の若手のOBには、久々の硬球によるゲームの感触を楽しむと同時に現役との良い交流が出来たと思います。
 昼休みは、参加者全員がOB会の用意した食事をしながら歓談となりました。午後は現役選手たちが審判などを務め、50〜20歳代で構成した2チームによるOB紅白試合(軟式)を行いました。
 ゲーム展開は大接戦となりましたが日没とともに終了し、引き続き、現役チームの2004年度春季大会での活躍を期待して、OB会より練習用硬球が2ダース現役に贈呈されました。
 夜は、白木屋上井草南口駅前店で、鈴木監督を交え第1〜45期のOBが、紅白試合などの話をしながらのOB懇親会となりました。朝から夜までの長い1日でしたが参加者全員が楽しい1日を過ごしました。
 OB会としては3年ぶり、OBと現役のゲームはかなり長い間のブランクがありましたが、一堂に集まっての交流は現役の選手にとって励みになるとともに、OBと現役が相互の顔を覚える良い機会になりました。これを機に、長い付合いを通してOBと現役の交流が一層深まることを期待し、また、今後の野球部の活躍とOB会の更なる発展を願っています。

                17回G組卒 月岡

 

 

 

 ハンドボール OG会 

 

2003年5月25日 「ばんぶー」 代々木駅西口


 季節も陽気も最高に恵まれた当日、当時の時田コーチをはじめ22名のOGが一同に集い、楽しいひとときを過ごしました。
 参加者最年長組は昭和30年卒。最年少組は38年卒。
 昔の懐かしい思い出話に花が咲いたのは勿論、各卒業年度代表によるユーモア一杯のご挨拶には皆、おなかを抱えて笑い転げるほどの楽しい和気あいあいの会となりました。
 開催場所「ばんぶー」は、今回幹事役の岡本さん経営の日本料理店。お心づくしの美味しいお料理にも舌鼓を打ち、皆大満足でした。
 今年の幹事は昭和34年卒の5名が担当。趣向を凝らしたビンゴゲーム大会などもありあっという間の3時間でしたが、次回も皆元気にお会いしましょうと再会を約しお開きとなりました。

    幹事 押阪 アヤ子
 

 

 

 卓球部OB会 

 

 開 催 日:2003年7月12日(土)
 開催場所:井草体育館 参加人員:28名(現役を含む)


 毎年7月の第2週土曜日頃に卓球部のOB会が開催されます。参加者は、広川先生および一番古い先輩は昭和25年卒のOGから現役まで年一回、老いも若きも白球を追いかけます。毎年、遠方からの参加者が1〜2名はいるのですが今回は都内を中心に首都圏近郊の方だけとなりました。
 参加人数も毎年20〜30名集まりますので、試合は団体戦形式で行います。
 試合後は,全員ミーティングを行い卓球部の活性化について忌憚の無い意見交換が交わされます。
 その後は上石神井の居酒屋で打ち上げ会をやるのが恒例です。今年の同窓会招待学年となるS36年卒の佐藤和士先輩が、昨年10月病気で亡くなられたのが残念でした。
 ご冥福を祈ります。以上卓球部OB会の報告とさせていただきます。

植木 謙 s44年卒(21回)
 

 
 クラス会、同期会、OB会ページへ
Copyright © 2007 IGUSA High School Alumni Association. All rights reserved.